• ホーム
  • 注文住宅への想い
  • エコな家
  • 注文住宅ができるまで
  • 家の写真
  • 注文住宅を建てたお客様のこえ
  • 会社概要
  • ハナハウスのこと
  • 社長プロフィール
  • 会社案内
  • アクセス
  • 駐車場
  • 気になる家を見学できます。
  • トップへ
ハナハウスのこと
建築が大好きなスタッフが集まる会社です。

ハナハウスでは、お客さまのご質問に合わせて、家づくりのことはもちろん、土地探しや資金計画のことまで、丁寧にお答えしています。正直、スタッフは現場とデザイン担当のものばかりですので、営業をするようなことはありません。安心してお越しいただけるかと思います。

ハナハウスは、地下鉄御堂筋線「なかもず駅」から程近い、ときはま線沿いにあります。スーパーライフとトヨタレンタカーという大手チェーンに挟まれ、初めてのお客さまは、かなりの確率で素通りをされます…。ひっそりとたたずむハナハウスは初めての方には分かりにくいかと思いますが、無垢の木を貼ったフロアは清潔で、大好評!キッズスペースもあるので、お子さま連れでも安心です。

社長以下、スタッフのチームワークは抜群。お客さま想いのスタッフが対応いたしますので、お気軽にハナハウスにお越しください。なお、週末は混み合うことがよくあります。よろしければぜひ、ご予約の上お越しくださいませ。

【営業時間】 午前9時~午後6時
【定休日】 毎週水曜、第2木曜日

株式会社ハナハウス事務所画像
社長プロフィール

「りょーちゃん」と呼ばれ、とてもかわいがられた幼少期。若さゆえ、女子に対して鎖国政策を取ってしまった高校時代。
せっかく就職した会社をわずか6ヶ月で退社。そして、大工見習いといういばらの道を自ら選択。そんな男の、ささやかなヒストリーです。

幼少期
1967年
7月7日の七夕生まれの蟹座。※会社の設立を7月7日にしたのもこれに由来する。小さい頃はみんなから'りょーちゃん'と呼ばれ大変可愛がられる。とても絵が好きな子で、絵画展でもたくさん賞をもらう。
1974年
堺市立三国丘小学校入学。1年生の頃は独りで自由帳に絵を描いて過ごすような内気な子であったが、2年生になってドッヂボールで才能を発揮し、腕白小僧に進化を遂げる。6年生の修学旅行の直前に寝小便が止まり、何とかそれまで築き上げてきたキャリアに傷をつけずに済む。その年の冬、人生で初めてのバレンタインチョコを貰うも、本命ではなく、不本意な成績で小学校生活の幕を閉じる。

思春期
1980年
堺市立三国丘中学校入学。1年の頃、林間学校で「アルプスの少女ハイジ」のオープニング曲と「漫画日本昔話」の市原悦子のヤマンバのモノマネで拍手喝采を浴び、快感を覚える。野球部に入部するも1年でケツを割る。2年でプチいじめに遭うも何とか切り抜ける。3年の頃、愛情より友情をとるはめになり、好きだった純子ちゃんとおしゃべりができなくなる。そのつらさを長渕剛の「順子」を聴くことでしのぐ。半年後、誤解が解け、今まで以上の信頼関係を築くも、恋愛には発展せず。
1983年年
大阪府立鳳高校入学。尋常小学校出身の父親がたいそう喜ぶ。中学校時代のノリが鳳高校の女子たちに合わず、こちらも意地を張り、元来女好きにも関わらず3年間女子とは口を利かないことを決意する。当時の私のチャレンジを周りは「鎖国」と呼び、何度も「開国」を促されたことを昨日のことのように思い出される。にもかかわらず、2年の修学旅行の余興で漫才をして女子を虜にする。にもかかわらず、女子からバレンタインにチョコを貰うことはなく、高校生活を終える。

青年期
1986年
奇跡的に現役で甲南大学経済学部に合格。合コンでは、高校時代に失った3年間のブランクをものともせず女性を魅了する。が、恋愛に発展することは一度もなかった。その原因を、車を持っていないからだと錯覚し、車を買うために鬼のようにアルバイトをする。が、結局そのお金を、アメリカ1周旅行で使い切ってしまう。ガテン系のアルバイトに爽快感を覚えたのもこのころである。
1990年
史上2番目の超売り手市場の中、某工業ガスメーカーに就職。当時は建築ラッシュで、営業車から眺める職人さんの姿が輝いて見える。学生時代の友人に仕事の悩みを相談した翌日、会社に辞意を伝え、わずか6カ月でサラリーマン生活を終える。※その後、その会社は急成長を遂げる。決断が早いのか短絡的なのかはさておき、一途な思いは今も変わらず。退職1ヶ月後に我が師匠佐久間大工に師事。5年間の見習い期間が始まる。

大工時代
この期間に墨付け・手刻みといった今の見習い大工では経験できないことを一から教えていただき、それが私の礎となりました。特に人格形成や仕事への取り組む姿勢というのは師匠の影響がとても大きいです。師匠は、ほれぼれするような技術と道具を大切にする心を持つ、生粋の大工職人でした。現場の整理・整頓・清掃は特に厳しく、地場の中堅工務店の関係者が、社長命令ということで視察に来られるくらいの「現場づくり」をされる方でした。この頃、現場ではいつも小走りしていたのは、未熟で師匠に迷惑をかけてしまう分、時間での恩返しを考えたからです。
1995年
師匠の計らいにより4年半での年季明けとなる。※大工の世界では、5年の見習い期間を少しでも早く卒業すると、それだけ優秀な大工だということの証になるからです。大卒の大工ということで、周りからは1年ももたないと言われるが、逆にモチベーションとなって修行に励む。当時、毎日つけていた大工ノートは、20冊以上にも及ぶ。その後、半年間のお礼奉公を務めさせていただき、1人前の大工として華々しくデビューする。応援(他の大工の現場を手伝うこと)として建売住宅の仕事をするが、その頃の家づくりは、機械化・効率化が進み、5年間で身につけてきた匠の技術を活かす場ではないことに驚く。あわてて電ノコといった機械を買いに行く。

2004年~2008年
2002年7月、日韓ワールドカップ開幕を見届け、惜しまれつつ金槌を置く。(大工引退、社長業に専念)とたんに代謝が低下し、加齢臭を自覚するようになる。 独立した当初、社長でありながら、現場で大工として建築をする。
大工になるために脱サラをし、厳しい修行を積んだ身、とにかく、現場で家を建てられるということに幸せを感じる。
しかし一方で、どんな会社にしたいのか?どんな家づくりをしたいのか?という経営者が打ち出すべき、経営方針や取り組みについて、一切考えることがない社長でありました。
そもそも、大工という職人になりたかった私は、社長になんてなりたくはなかったのです。というか、そんな器ではなかったのです。でも、ええ格好するわけではないですが、家をつくっていく日々を過ごすうちに、「お客さんに、もっといい家を提供したい」、「お客さんに、もっと喜んでもらえる会社にしたい」という思いが日増しに強くなります。そこで、大工社長ではなく、社長としての器を磨き、理想の会社をつくろうと腹をくくる。も、そのノウハウがまったく分からず、自分の力量不足を切実に痛感する。

転換期
当時のスタッフに自分の思いを伝えるも、「建売住宅」という世界で生きてきた彼らには届かず、悩みを抱える日々が続く。天性の直感で、これではじり貧に陥ると感じ、自分を変えるため、大阪府中小企業家同友会の門をたたく。
この同友会で4年間、再び修業をさせていただき、目からうろことはまさにこのことで、経営者としての礎を築く。
同友会で学んだ、「人間尊重の経営」を軸に、とりあえず「嫁はんと子供を尊重する」家庭人としての役割を一旦さておき、経営者としての責務として社内改革を断行するも、旧スタッフの協力を得られず、孤軍奮闘、ほぼ頓挫する状態となる。
そんな折、その後、ハナハウスのメシヤ(=救世主)となる桐やんと、ひょんな事から4年ぶりに再会を果たす。そこで建築への思い、価値観の共有を確認し合い、ハナハウス再生プロジェクトに着手。連日連夜、酒を酌み交わしながら、大いにビジョンを語り合う。がしかし、この時の飲酒量が後の痛風発症につながる。

改革期
再生の結果、社内は6人体制から一気に2人体制となるも、足かせがとれ、改革スピードは格段に上がる。しかし、時間が絶対的に不足し、それを補うため、時には会社に泊り込みながら男二人、パンツ一丁での見積りや積算業務などを行ったことは、まさに、幕末志士の姿を自ら重ね合わせ、今となっては、懐かしい語り種となっています。
その後、スタッフに恵まれ、ウェブデザイナーのデミちゃんの入社が転機となり、集客力のある工務店として成長をとげる。
2010年9月、女性スタッフ3名が新加入。これにより、現在のハナハウスのスタイルが確立される。しかし、そんな絶頂期に、不運にも痛風(前述)を発症!!納車したてのマニュアルのクーぺのクラッチが切れずに、断腸の思いで、ビール党から、ハイボール・焼酎へとシフトチェンジ!!まだまだ無名のハナハウスの飛躍のかげには、創革期のS田様、M田様、S口様などの個性あふれるお客様にめぐまれた事実も忘れてはいけません。

会社概要
商号 株式会社 ハナハウス
所在地 〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町3081番地31

 Tel : 072-246-3066

 Fax : 072-246-3067
資本金 1,000万円
事業内容
建設工事業

建設工事の設計、施工及び請負

リフォーム業
業者登録
宅地建物取引業免許 大阪府知事 (4) 第 47009号

建設業 大阪府知事 (般 - 27) 第 113913号

二級建築士事務所 大阪府知事 (3) 第 8227号
代表者 代表取締役 古谷 了一 (フルタニ リョウイチ)
社員数

13名

決済期 6月
取引銀行 紀陽銀行 堺支店

りそな銀行 新金岡支店

大阪信用金庫 東湊支店

尼崎信用金庫 もず支店
所属団体 ハウスジーメン

ジャパンホームシールド

社団法人 全日本不動産協会

JIO 日本住宅保証検査機構

GEOパワーシステム(地熱の家)会員


沿革
商号 株式会社 ハナハウス

二級建築士事務所
平成11年 株式会社 丸勇ハウジング 設立

宅地建物取引業 登録
平成12年 建設業 登録
平成13年 現事務所に移転
平成16年 ジオパワーシステム会 入会
平成17年 オリジナルブランド「ハナハウス」 立上

現事務所「地熱の家」にリフォーム

体感ハウスとしてリニューアル
平成19年 2級建築士事務所 登録
平成23年
2011年7月7日「株式会社ハナハウス」へ社名変更


アクセス
大きな地図で見る

■ 車でお越しになられる場合  ※時間は、堺生まれ堺育ちの社長の感覚によります。

阪神高速堺線なら ⇒ 堺出口を降り、中央環状線を東方面へ向かって約10分。
阪神高速湾岸線なら ⇒ 大浜で口を降り、中央環状線方面を東へ向かって約12分。
我孫子筋なら ⇒ 天王寺から約25分。  常盤浜寺線なら ⇒ 鳳方面から約15分。  泉北方面なら ⇒ 約30分。

■ 電車でお越しになられる場合

地下鉄御堂筋線・南海電鉄高野線「中百舌鳥」駅から約5分。

駐車場

ハナハウス事務所より中百舌鳥駅に向かって徒歩1分、デニーズ横の駐車場を使用していただくことが出来ます。駐車可能台数は5台(6番、7番、30番、38番、57番)ですので、ハナハウスへお越しの際は事前にご連絡くださいませ。


大きな地図で見る