• リフォームを楽しむ
  • 家が果たすべき一番の役割は、快適に安心して暮らせることだと思います。しかし、現在の基準に比べると1995年の建築基準法改正以前に建てられた家は、著しく低い耐震性能しか備わっていません。また、断熱性能はその基準が毎年のように引き上げられていますが、そもそも正しい考えで断熱施工をしていないため、最低限の断熱性能さえも満たしていない家がたくさんあります。 断熱・耐震リフォームはただ工事をすればいいというのではなく、どの基準で施工するのかということが大切になります。ハナハウスは常にその時々の最高基準を意識して家づくりに取り組んできたので安心して任せていただくことができます。

    現場総監督 小野

    リフォーム 楽しみ
  • リフォームを楽しむ
  • すべての建築会社が正しい知識を基に工事をしてくれるといいのですが、実際には耐震リフォームと称しながらもまったく意味をなさない工事をしている悪質な業者が存在していることも事実です。断熱工事についても、断熱材それぞれに施工規定というものがあるのですが実際の現場でそれが守られているかどうかは分かりません。 断熱・耐震リフォームは、どれくらいの費用をかけることでどんな効果が得られるのかという費用対効果が大切になります。ハナハウスでは、お客さんにまず建物の状態をきちんと説明させていただき、その上でどういった工事が必要なのかということをお伝えし、理解・納得をしていただいてから工事を進めています。