• ホーム
  • 家の写真を見る
  • お客さまの声
  • ハナハウスについて
  • 建築女子のしごと
  • 品質とプライス
  • アクセス 会社概要
プレイフルカフェスタイル
  • 別の家の感想をみる
  • showhome 気になる家を見学できます。
  • トップへ
プレイフルカフェスタイル 大阪府岸和田市

一味違うシンプルな間取りの中に遊び心が光るK様邸壁一面の黒板塗装や白いレンガ風タイル、レンガ調に塗られた漆喰壁、OSB材で統一されたシューズクローゼット、そのまま丸くくり抜かれた階段横の穴など、様々なところに遊び心のある空間をデザインしました。収納にもこだわり、実際に家づくりの中で「ここって収納にできます?」といった形で、ひとつずつご要望を叶えていきました。見所はなんといってもお家から見える圧倒的な風景。気が向いたらバーベキューをしたり、ハンモックに揺られながらお過ごしだそうです。そんなプレイフルカフェスタイルの家に、担当高久と菅野がインタビュー!!

(菅野)今日は貴重なお時間を割いていただきありがとうございます。

(ご主人・奥さん)いえいえ、そんな。

(菅野)僕が最後にここに来たのは、完成写真を撮らせていただいた時なので、約1年ぶりになりますね、素敵に住んでいただいて感動しています。

(ご主人)カーテンつけてないですけどね(笑)

(奥さん)後で付けようね!あとハンモックも!!

(高久)ハンモック!?是非見たいです。

家づくりはどんなイメージを持って進めていったのですか?

(奥さん)黒板は絶対つくりたくて、高久さんに伝えました。

(高久)家づくりが始まった時点で「こんな内装にしたい」といったイメージ写真を送ってもらったりしたのですが、その時に絶対したい項目として黒板は挙げられてましたね。

(菅野)そうなんですね!

(高久)でも、それをどこに、どんな風に取り付けるかといった話は全然決まっていませんでした。

(奥さん)高久さんがいろいろアイディアとかアドバイスをしてくれてこういう形にしたいなって決めました。

(菅野)黒板以外で「これはしたい!」といった要望はありましたか?

(奥さん)一杯ありすぎて…

(ご主人)言われへんくらい多いな…

一同笑

(奥さん)天井の板張りも絶対したい、天井から軒に板張りが続いていくのも絶対したい、リビングとダイニングの天井の高さを変えるのも絶対で、 あと~…なんやろ!?

(高久)「これどうしましょう!?」っていうくらい打ち合わせは毎回面白い案が飛び交っていて、全部…全て、ありすぎて思い出されへん(笑)

(奥さん)とりあえず、収納はいっぱいスペースをとりたいということで、ちょっとのスペースでも『ここはいけますか?』って聞いてつくってもらいましたね。

(菅野)それは例えばどこですか?

(奥さん)ウォークインクローゼットが私の中では絶対必要で、階段の下に収納スペース、和室の畳下に収納スペースを設けてもらったりしました。ありとあらゆる場所で収納について聞きましたね(笑)

(高久)隙間を見つけては、収納の可能性を探っていましたよね。

(奥さん)収納は、住んで1年経った今も余っているくらいゆとりを持たせていただいているから、とっても満足しています。

(ご主人)そう?

(奥さん)余裕あるよね?

(ご主人)必死に入れてるもん(笑)

(高久)元々住んでいらしたところも、すごく収納が多いところでしたよね。物がたくさんあるというのは聞いてたのですが、予想以上に多くて(笑)

(菅野) 元々はマンションに住んでいらしたのですか?

(ご主人)ハイツの2階に住んでいて、そこは床面積と同じ大きさの屋根裏部屋があったのでびっくりするぐらい物が収納できました。

(菅野) それが納まっていなかったんですか?

(ご主人・奥さん)一応、納まってはいたんですが…(笑)

(ご主人)納まってはいたんですが、屋根裏部屋なので、例えばバーベキューする時とか、まず他の荷物を外に出してから出さなければいけなくてとても不便だったんですよ。普段使うものはすぐに取り出せるようにしたくて。

(菅野)なるほど、じゃあ今は必要なものをすぐに取り出すことができるから便利そうですね!

(奥さん)あと、子供ができたことが大きかったですね、子供のものがすごく増えたんですけど、それもきちんと収納できるスペースがありますので。

(ご主人)ダンボールとかもね。捨てるに捨てられないダンボールとかって結構あるじゃないですか。

(奥さん)後で人にあげたり、売ったりする時にダンボールって必要ですから。そういうのもかなり増えましたけど、収まっていますね!

一同笑

こだわったところはどこですか?

(奥さん)LDKのドアを開けた時に窮屈さを感じないようにしたいとか、リビングとデッキをフラットにしたいとか。それから、ソフトクローズ?扉を閉めるときにゆっくり閉まるようにしたいとか。細かいところを言い出せば本当に多くて(笑)

(菅野)その中でも一番こだわっている、気に入っているところはどこですか?

(奥さん)私は絶対!黒板ですね!間取りの中で、黒板→タイルか~ら~の→アーチ型で花柄の壁紙が見えて→パントリー!この続き!本当にすごく、好きです。

(高久)このタイルも最後の最後まで悩まれましたよね。

(奥さん)タイルはやっぱり壁紙とかに比べたら値段が高いというのがあったんですが、それでもやっぱりやりたくて、貼れてよかったと思っています。黒板は毎日見るから、この面積を取れてよかった。これからも子供が何を何日に提出するとか、プリントを貼るとか、大活躍してくれそうです。

(菅野)タイルの隣にある黒板の絵も奥さん描かれたんですか?センスいいですね!この数字はなんですか?

(奥さん)離乳食は衛生面的に作ってから1週間で食べなければならないので、いつ作ったのかを忘れてしまわないように一回一回メモにかいていたらメモがもったいなく感じて、それなら黒板に書こうと思いついたんです。その数字は作った日を書いているんです。

(ご主人)黒板に書いてある『冷蔵庫マン』は僕が命名したんですけどね。

(奥さん)ネーミングだけやろ~!

一同爆笑

(ご主人)僕は、リビングが気に入っています。仕事が無い日の一日の大半はここにいるのですが、ここが一番居住スペースとして住み心地が良く、見晴らしが良くて、ここから景色を一望できるのが最高ですね。いつもこの景色を見て、旅行をしている気分になります。

(奥さん)旅行に行かなくてもいいねっていつも言っています(笑)

(菅野)本当にいい景色ですよね。

(奥さん)この景色を一望できるようにつくってもらったので、すごく満足しています。

(高久)嬉しいです。

(ご主人)子供が歩き回るようになったら、ウッドデッキのとこが心配やなあ。

(奥さん)課題だね。大人が家の周りを靴を脱がなくても回れるようにしたんですけど、子が家の中からウッドデッキに向かって、走っていってストンってウッドデッキから落ちないかなって(笑)

(高久)課題をどうされるかが決まったらいつでも言ってくださいね。

(菅野)こういうカフェみたいな感じにしたいっていうのは一番最初からあったんですか?

(奥さん)ありました。オシャレなカフェ風にしたくて。

(菅野)好きな雑誌や写真を持ち込まれたんですか?

(奥さん)高久さんにこんな感じにしたいんですって写真を見せたかは覚えていないんですが「バーっ」とテイストのお話をしていたら、高久さんから「こんな感じですか?」って見せてくれたお家の写真が、もうピッタリで「そう!こんな感じです!」ってなりまして。 実は他の工務店やハウスメーカーさんに行った時、いっぱい話をして私たちの欲しい家を建てられるかどうかお聞きしたら待たされた後に「こんなんですか?」って見せてくるお家が全部違ったんです。心の中で「何か違う。そうじゃなくって~」って思いながら、そんなことをず~~~っと繰り返していたので「私がおかしいのかな」って思ったり、何でこうしたいっていうセンスを分かってくれないんだろうって思っていたんです。でも高久さんに話したら本当に一瞬で理解してくれたんです。「え!?何で?」って思いましたね!ついに分かってくれる人に巡り合えたと思ってハナハウスさんで絶対に建てたいって気持ちになりました。

一同笑

(菅野)高久さん、お手柄ですね~。

(高久)他のところって結構、メーカーさんだと特に、何でもできますって謳っていても標準仕様っていうのがあって決まっているから、やりたくてもできないことが多いんですね。逆にできすぎて選択肢が多くて困るぐらい、なんでもありみたいな空気がハナハウスにはあるので、私もやりやすいです。メーカーさんの営業さんやプランナーさんとかは"決まり"があるから、型破りなものは提案もしにくいし、そういうのはあると思います。

(菅野)ちなみに他の建築会社はどこに行かれたんですか?

(ご主人)○○と△△、あと□□に××ですね。

(菅野)漆喰使っている注文住宅の工務店ばかりじゃないですか、それでそんなに要望とずれたのですか?

(奥さん)営業さんとプランナーさんが同席されてつくってくれたんですが、ずれちゃいましたねー。

家づくりの中で思い出に残ったエピソードとかありますか?

(奥さん)高久さんと3人で頑張ったことが一番印象的で思い出かな。あとは大工さんとか、皆さんの力で。

(ご主人)ハナハウスの事務所にはふっとたまたま行ったんです。

(奥さん)チェックはしていたんですけど、勝手にハナハウスの事務所を梅田の曽根崎にあるんだと勘違いしていまして。

(高久)あ~、長曽根と曽根崎!

(奥さん)それで遠いから頭の中で省いていたんです。

(ご主人)どこかに行った帰りにたまたま、長曽根って中百舌鳥にあることに気づきまして、ハナハウスに行ったらKマネージャーみたいな怪しげな人がでてきて、僕よく人を疑ってしまうので、Kマネージャーにしてもどんないい言葉を言ってもらっても「会社を運営しないといけないから」って疑っていたんですね。担当の高久さんもこんな小さな女の子が出てきて最初は「大学生ちゃうん?」って思っていたんです。そしたら、本当にお二人とも親身にやってくれはって、奥さんと一発で打ち解けるほどセンスもいいしね。家のデザインについては奥さんにまかせて、僕はずっと家の利便性を考えていたんですけど。

(菅野)ご夫婦で分担分かれていたんですね?

(ご主人)そうですね。家のデザインは嫁が考える、住みやすい家を考えるのは僕。ネットで色々調べて突拍子も無いアイディアを思いついては、嫁と高久さんに言って「え?それ今言うの?」って顔はよくされましたねー(笑)

一同爆笑

(奥さん)それが思い出?

(ご主人)いやいや(笑)そんな雰囲気を含めて、楽しく家づくりをできたこと全てが思い出かな。

(菅野)素敵ですね!家づくりは打ち合わせが楽しかったんですか?

(奥さん)家づくりは大変やったけど、できあがっていって形になっていったところが楽しかったですね。

(ご主人)壁がひとつできただけですっごい気持ちが高ぶりましたね。

(奥さん)すごく小さなことに何時間も打ち合わせしたことも楽しくて、でも、それぐらい費やして良かったなって思えます。LDKの入り口も本当にギリギリまで…

(高久)アーチにしたいかもって仰ってましたね。あと、ニッチの下とかも。

(奥さん)このニッチの高さも、あと何センチ低くするかとか、本当にすっごく悩んで、でも悩んだからこそ、今は本当に良かったって思えます。

(菅野)考えたところが形になっていくところは醍醐味ですよね、ご主人さんはどうですか?

(ご主人)紙で平面に考えたことが、立面になって、建物をつくっていく中で実際に中に入れたりして、それが実現していくのはやっぱり楽しかったですねえ。でも、あんだけ死ぬほど考えたのに、「ここにコンセントがあればよかった!」とか、実際に生活してみて気づくところはありましたけど。

(奥さん)人生で満足のいくお家を建てるには3回建てなくちゃいけないってよくある話ですけど、私はそう思ってなくて、かなり悩んだ分「やっぱりここはこうしたほうが良かった」っていうのはそんなにありませんね。「動線とか完璧やん!?」って思いますしね。3回建てなくちゃいけないって格言を知っていたけど「3回は建てたくない」って思っちゃって。

一同笑

(ご主人)先ほども言いましたが、ハナハウスさんに来る前に何社かは見させてもらっていましたので、だいたいどんな風にしたいかは決まっていたんですよね。

(高久)そのせいか、プランが決まるのはめっちゃ早かったですね。

(奥さん)主要部分は決まっていましたからね。

(高久)洗面の位置とか、細かい部分だけでしたね。

(奥さん)ポストはこれにして本当に良かったです。

(高久)家の中からとれる壁付けのポストですね?

(奥さん)私たち家の中ではパジャマみたいな格好でいますから。

(ご主人)嫁さんは最初、ハナハウス事務所のようなポストにしようとしていたんですけど、外に出なくてもいいように屋内ポストにしてね。

(奥さん)それもあったけど、このあたりでは、私たちのお家[プレイフルカフェスタイル]とお隣のIさんのお家[緑を望む、懐かしの家]、ハナハウスさんで建てた2軒が並んでいてすごく雰囲気がいいから、このあたりに住んでいる人たちがそんな家から出てくる住人さんがきたない格好やったら、どう思うんやろって考えたら気をつけるようになりましたね。

一同大爆笑

(ご主人)ジャージじゃないよね。

(奥さん)しっかりした部屋着を着るようになりました(笑)

(菅野)暮らしぶりは変わりましたか?

(奥さん)一番は、やりたかったバーベキューがすぐお家でできることですね。もう何回ももやってます!主人が一杯作ってくれるのでー。

(ご主人)ローストビーフとかね。

(奥さん)ちょっとこれは炭火で食べたいね!ってのがあったらすぐにできるので。すっごく美味しくて、やっぱりこのお家だからできるんだなって思います。

(菅野)ご主人が料理に目覚められたわけですか?

(ご主人)もともとしていたので。でも、やりやすくなりましたよ。前の家でも嫁と二人で料理してキッチンに立つわけですが、嫁には嫁の料理の仕方、僕には僕の料理の仕方があって狭いから、いつもケンカになっていたんですよ。

(奥さん)約束事でキッチンに二人同時に立たないってのがあったよね。最近は、二人でキッチンたってもケンカにならへんなあ。

(菅野)スペースが広いからですかねえ?

(奥さん)それはあるかも。

(ご主人)このカウンターも最初は要らんって言っていたよねえ。

(奥さん)私が要らないって言っていたのに置きまくっています。

(高久)コーヒーメーカーが乗るサイズって仰ってましたね。

(菅野)今のお話聞く限り、けっこうパーティーをされているみたいですね。

(奥さん)一番盛大だったのが旦那の仕事関係で子供を入れたら20何人くらいでバーベキューをしたことですね。

(高久)すごい!そんなに人が入ったんですか?

(奥さん)男の人はデッキにでてもらってー、屋内はファミリー系で、和室には子供達がのってキャッキャッと楽しそうに遊んでくれました。めちゃくちゃ嬉しかったですね。「素敵なお家ですね」って奥さん方に言ってもらえてそれが印象に残っています。

(菅野)お友達からはどんな言葉をいただきました?

(奥さん)「細部にまでこだわっているね」とか「オシャレだねー」って言ってくれましたね。

(ご主人)こうやって、しっかりとハナハウスのアピールをしておかないとね!草葉の陰から応援してますんで。僕らができるのはこれぐらいですし。

(菅野)とんでもない、引渡し式にDVDを逆にいただいたのは初めてですよ!

一同爆笑

ハナハウスの家はお値段について

(菅野)話が戻っちゃうですけど、ハナハウスの事務所に 初めて来ていただいたのはどういった経緯があったのでしょうか?長曽根と曽根崎の間違いは先ほどお聞きしたんですけど、僕は『緑を望む、懐かしの家』の建築中に看板を見て、来ていただいたと小耳に挟んでいたんですよね。

(奥さん)いえ、最初からハナハウスで建てたいなというのはあったんですけど、事務所の位置を長曽根ではなく、曽根崎(梅田)と勘違いしていて勝手に却下していたんですが、その『緑を望む、懐かしの家』が建築中の時の看板を見たらハナハウスって書いてあったので、あれ?と思って調べ直したら「梅田じゃなくて中百舌や~ん!」ってなったんですよ。だから、看板を見ていなかったらそのまま勘違いずっとしていましたし、ハナハウスで建てることはなかったと思います。『緑を望む、懐かしの家』のIさんのおかげですね。

  

(奥さん)実家が近くなので、『緑を望む、懐かしの家』ができる過程をお父さんとかが結構見に行っていたみたいでした。

(菅野)そうなんですね!初耳です(笑)ハナハウスの家の値段はどうでしたか?もう忌憚なくお話ください。このインタビューはマイナスなことでも余裕で載せているんで(笑)

(ご主人)家の機能や、考えさせてくれた時間、そういったものをトータルで考えたら絶対に他社ではできないでしょうね。トータルコスト的には僕らが最初に考えたより上がってしまったんですよ。

(菅野)上がってしまったんですね…。

(奥さん)だけど!他だったら絶対できない値段。

(ご主人)他でしたら、なにかしらどこかを妥協させられていると思う。そもそも、そんな時間とってくれる工務店さんなんて他は絶対ない。本当に満足してますよ。

(奥さん)他の工務店さんにめっちゃ足を運んだからその体験談を言わせてもらうと、まず要望いうじゃないですか、すると「その値段じゃ無理ですよ」っていう感じで最初から相手にしてくれないんですよね。相手にしてくれたとしても他の子会社を紹介しますって形になったり、要望はひとまず横に置かれて、「K様のご予算ですと、○と△と×のメーカーさんから選んでいただいて…」ってなるんです。ハナハウスさんはKマネージャーが「こっちも頑張らせてもらいます。だから、もうちょっとだけ頑張ってもえますか」ってこっちも頑張れることを聞いてくれたんですよね。何とかするわって感じで。

(菅野)そうなんですね!なんとかするところがすごいですよね。他に家づくりの中で予算を抑えるために出た案とかはありますか?

(高久)プランづくりの時に坪数は同じでも外壁の面積を抑えることは考えましたし、2階は紙クロスを貼らせていただくことで費用を抑えましたね。床もめっちゃ高いのを選ぶのではなく、さわり心地とか色合いとかを自分たちが一番気に入るものをセレクトしていった感じですね。満足ができる、納得がいく、値段とアイテムを最終的にKマネージャーに調整してもらいました。

(奥さん)満足しています!

これから家づくりをされる方に一言

(ご主人)助言するとすれば、平面図で死ぬほど考えて、立面図をつくってもらったときに まてよ、これで本当にだいじょうぶか?と自分に言い聞かせてもう一度見直すことですね。まだ変更が可能な時に、もう一度考えた方がいいですね。

(奥さん)例えばコンセントの位置に関しては、主人に全部任せていたんですよね。こればっかりは、一緒に考えた方がよかったんかなあ?って思いました。

(ご主人)自分の中では完璧だと思った家でも、実際に住んでいる想像を膨らませてイメージすることですね。ここに造作の棚がある、その横にこの棚を置く、携帯の充電はここからするとか、担当さんも考えてくれますけど、担当さんも神様じゃないから全部は見通せない(笑)ただ、何を置く予定とか、これを使う予定だって要望を伝えるのは、結局のところお客さんがどれだけ言えるかと、それを汲み取ってくれる関係、そして、その汲み取ってくれた内容を正確に施工する人に伝えてくれるかどうか、ですよね。もう本当に棟上が終わったらすぐ形になっていくので、修正ができるうちにですね。いいこと言えた?

(奥さん)いいこと言えたよ!

一同大爆笑

(菅野)今後のハナハウスはどうあってほしいですか?

(ご主人)ハナハウスさんはお客さん主義で考えてくれるのでつぶれないでほしいな。

(奥さん)ここまで私たちのこだわりとか、わがままを叶えようとしてくれるところって本当にないと思うんですよ。ここまで向き合って考えてくれることがすごいです。お客さん主義やからね、それをずっと貫き通してほしい。利益ばっかり追求していく会社とかもあるけど、それも会社経営のためには大事なんですけど、お客さん目線を持っていてほしいです。 ただ、しっかり休むときは休んで欲しい。 みんな、めっちゃ頑張り屋さんが集まった会社じゃないですか。

(菅野)高久は頑張りすぎて遅くまで残り過ぎないように監視される席に移動になりましたからね。

(高久)「今日は何時に帰るの?もう21時回ったで?」ってKマネージャーの視線が…

一同爆笑

(奥さん)お客さん主義でいてほしい、と言っておきながら矛盾しているんですが、体を壊さないように早くは帰ってほしい。

(高久)ありがとうございますっ!頑張ります!!

(高久・菅野)本日はインタビューありがとうございましたっ♪